【ICO】Gems(ジェムズ) / GEM -ブロックチェーンにおける分散型Mechanical Turkのプロジェクト-

どーも!

本日はGems(ジェムズ)というICOを紹介したいと思います。

このプロジェクトは海外の一部からはAmazonキラーになるのでは!?ともいわれており、密かに注目を集めています

本ブログではGemsがどういうプロジェクトなのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Gems / GEMとは?

Gemsはブロックチェーン上にMechanical Turkを作ることを目的としたプロジェクトです。

Mechanical Turkとは

コンピューターにはできない、人間の脳が必要な単純な仕事(マイクロタスク)のことです。

データベースを整理したり、適切な絵やオブジェクトなどにラベルを貼るなどが当てはまります。。

あまり、日本では馴染みはありませんが、コンピュータができない単純な仕事(マイクロタスク)を人間が代わりに行い、報酬を得る仕組みとなっています。

現在は、Amazonが提供しているAmazon Mechanical Turkというサービスがあります。

このビジネスモデルには問題があります。

・依頼者と雇用者の両方に対して非常に高い手数料(依頼者は20%、労働者は5%)が請求される。

・銀行口座を持って、振り込むための手続きが面倒である。

・仕事の正確性が不明確である。

このような問題をGems Protocolを利用することによって解決しようとするプロジェクトがGemsになります。

Gems Protocolを利用することで、無駄な作業を排除、無駄な手数料の削減を行うことで、労働者の賃金を増やしつつも、依頼者のコストを引き下げることが目的となっています。

また、労働者は銀行口座を持っていなくても、マイクロタスクで仕事を受けることができます

現在、マイクロタスクの企業とGemsの比較の図があったので、コチラに載せておきます。

スポンサーリンク

GemsへのICOを参加したい理由

マイクロタスキング市場への優位性

マイクロタスキング市場の競合としては現在、Amazonがいるものの上記でも書いているように、問題点が非常に多く混在しています。

このGems Protocolを作成して、プロジェクトが円滑に進むことができれば既存のマイクロタスキング市場に大きな影響を与えるのではと考えています。

現在、問題として抱えている部分をGemsが解決することで、Amazonが持っている中央集権型のプラットフォームから分散型のプラットフォームへの置き換わりも可能であると考えています。

また、マイクロタスク市場は今後も確実になくならない分野だと考えています。

例えば、昨今ではAI市場が活発ですが、AI用のデータクリーニングを行うのは必ず人が行います。

他にもマイクロタスキングが必要な場面は、まだまだ沢山ありニーズは確実にある分野だと思います。

開発チームの経歴がすごい・アドバイザーも豪華

もう小学生みたいな投資判断なんですが、Rory O’Reilly、Keieran O’ReillyともにForbesの30歳以下の名誉ある30人に選ばれているようです。

また、アドバイザー陣がこれまた豪華です。。。

Biz Stone

Twitterの設立者、世界で最も影響力のある100人の内の1人。

Joey Krug

仮想通貨Augurの共同設立者。ブロックチェーン投資会社であるPantera Capitalの共同最高責任責任者

Ben Maurer

reCAPTCHAの共同設立者。現在はFacebook

コレだけ見ても、華やかなアドバイザー。。。勿論、コレだけで判断するのはいけないので要注意

スポンサーリンク

GemsのICOの懸念点

Amazonという競合企業

上記ではAmazonという競合企業への付け入る隙があるのでは?と書きましたが、

Amazon自体が本気でこの市場を変えようと思ったら、Gemsのプロジェクト自体は失敗に終わる可能性が高いのではと考えています。

現在の手数料の問題、銀行口座が必須な件、仕事の不明確さの改善というこの3つをAmazonが変更してきたらどうでしょう?

Amazon自体がブロックチェーン市場に参入してきたらどうでしょう?

おそらく、Gemsでは太刀打ちができませんね。そういう意味ではGemsAmazonが市場に入ってくる前にプロダクトローンチを行うことが必須であると考えられます。

プロダクトを見れるものがない

現状、GitHubやMVPの有無などが確認できるものはありません。

Gems 1Q roadmap

Pre-アルファ版のフロントエンドだけは上記の記事にて読むことができますが、どのくらいの開発が進んでいるかの確認まではできませんでした。

スポンサーリンク

ICOの詳細

現時点では、トークンの発行量や日程も未定のままとなっています。

現在、ホワイトリストの登録が1月8日までとなっているのでコチラの登録が必須です。

2018年の1月中旬頃に発表があるようなので、発表があり次第、こちらでも報告します。

いち早く詳細が気になる方は、GemsのTelegramでもアナウンスがされているのでコチラを確認ください。

スポンサーリンク

最後に

今回はGemsのICOの記事となりました。

あくまで本記事は、Gemsの自分なりの分析と考察を書いているので、購入を勧める記事ではございません。

ICOへの投資はリスクが伴いますので、今一度ホワイトペーパーを読んだり、ご自身で調べた上での投資を行ってください

Gems
プロジェクト概要
(4.0)
期待値
(3.5)
リスク
(3.5)
保有期間
(4.0)
総合評価
(3.5)

※保有期間の☆が高いほど長期保有銘柄

(上記はトークンやICOの詳細が書枯れていない、現時点での評価)

公式ホームページ

https://gems.org/

Telegram

https://t.me/GemsOrg

Twitter

https://twitter.com/gems

ホワイトペーパー

https://gems.org/whitepaper.pdf