【仮想通貨取引所】GMOコインの評判と特徴、登録方法に関して

どーも!

本日は、国内取引所としては割と新しくできたGMOコインに関してです。

FXなども運営しているGMOグループが取り扱う仮想通貨取引所ですが今回の記事では、

GMOコインに関しての評判、特徴と登録方法に関してまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

GMOコインとは

GMOコインはGMOインターネットグループの傘下であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所で2017年5月31日より運営が開始されました。

GMOといえば、仮想通貨のマイニング事業に参入のニュースが9月に発表されたのが記憶に新しいです。

参考

GMOビットコインマイニング事業に参加BTCN

5月に取引所の運営が開始、そして9月にマイニング事業の発表、今後、仮想通貨の事業にかなり力を入れていくという姿勢がかなり伺えます。

9月29日には仮想通貨交換業者として金融庁より登録されました。

追記

10月25日追記

GMOは9月に発表したマイニング事業でICOを活用することも検討しているようです。

参考

ビットコインマイニング事業でICOを活用 GMOインターネットグループPR

スポンサーリンク

GMOコインを使うメリット

現在では、国内の仮想通貨取引所もかなり増えてきていますが、GMOコインを使うメリットはどこかを個人的に解説してみます。

仮想通貨FXが国内最大25倍まで可能!追証は無し!

GMOは仮想通貨FXを採用しています。

仮想通貨FXを採用している取引所ならbitFlyerやbitbank tradeなどがありますが

GMOは他2社と比べて、レバレッジが国内最大の25倍となっています。

bitFlyerのLightning FXではレバレッジ15倍、bitbankのFXでは20倍なので、

より少額のビットコインを利用して、大きくトレードを行うことをできます。

0.04BTCを持っていれば、1BTC分の利用でレバレッジ取引ができるということです。

少ない金額で、大きなリターンを得ることができますね。

もちろん、その分のリスクも大きくなりますが、レバレッジ25倍にも関わらず、

追加証拠金制度がないので、ロスカットされてもFXで使用した資産以上減らすこともないので安心です。

アルトコインが順次取扱、アルトコインでの仮想通貨FXも予定

8月までは、ビットコインのみしか取り扱っていなかったGMOコインですが、アルトコインの取扱を開始しました。

11月1日現在では、下記の4種のアルトコインが新しく取り扱い開始となりました。

・イーサリアム(ETH)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・ライトコイン(LTC)

・イーサリアムクラシック(ETC)

そして、11月中に リップル(XRP)の取扱も既に決まっています。

また、年内からアルトコインにおける仮想通貨FXも提供されるようです。

日本の取引所では、アルトコインのFXを提供している取引所は今のところはないので、

今のうちに登録しておくだけで、アルトコインFXがリリース後、いち早く機能を使うことができます。

僕は正直、このアルトコインのFXのために口座を開設しておいたと言っても過言ではありません。

リップル (XRP) や イーサリアム (ETH) などをレバレッジを掛けていち早くFXの体験をしましょう。

GMOコイン対応アプリ「ビットレ君」が使いやすい

GMOコインには対応アプリのビットレ君が存在します。

これが非常に良くできていて、使いやすいです。

口座を開いた後にこのアプリを見つけたんですが、チャートはかなり使いやすいなと思いました。

こういうビットコインの販売所的なトレード画面やFXの取引画面はさておき。

このアプリで、おすすめしたいのがチャート画面になります。

めっちゃ見やすい。

画像では10分、4時間、8時間みたいになっていますが10分の部分をクリックすると

1分、5分、10分、15分、30分、1時間のチャートがでてきます。

そして、なんとテクニカル的な要素として、トレンドラインなども引けたりします!!!

チャート設定では、チャートのエリアだけでなくテクニカルエリアの設定もできたり。

フィナボッチが簡単に引けたり。

GMOはFXトレードのアプリが使いやすいと聞いたことあったのですが、正にそのアプリと同じような使い方ができると思います。

GMOコインの取引所を開設した人は

チャートを見るだけという意味でもアプリを落とす価値があるんじゃないかと思います。

 

因みに、今だと、ビットコイン30000satoshi分が口座開設の翌日にもらえるらしいです。

いつまでこのキャンペーンがやっているかもわからないので、早い目に登録して30000satoshiもらいましょう!

 

スポンサーリンク

GMOコインのデメリット

さて、それではGMOコインのデメリットに関してです。GMOのここは微妙だなと思う点を書いていきます。

PC版のUIがイケてない

GMOコインはPC版のUIが非常にイケてないです。。。

コレは、ビットコインFXの画面ですが、PC版に関してはお世辞にも使いやすいよ!とは言えません。

注文方法が充実しているし、スマホアプリのビットレ君が非常に使いやすいので

PC版の今後のUIの改善に期待していきたいです。

取扱通貨が少ない

GMOコインはその他の国内取引所と比べても、取扱の通貨が少ないです

年内にビットコイン以外に5通貨を取り扱う予定と言っても、その他の取引所を既に使っている人からすると少々物足りないかもしれません。

メジャーな通貨のみを購入したい初心者や仮想通貨FXをやる中級者には良いかもしれませんが、

色々なアルトコインを購入したいというユーザーには些か物足りないかもしれません。

スポンサーリンク

GMOコインの口座開設方法

GMOコインの登録ページへと遷移します。

口座開設にはメールアドレスが必要なので、メールアドレスを入力後、reCAPTCHAにチェックを入れて

無料口座開設をクリックすると入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

このようなメールが送られてくるので、メール内のリンクをクリックします。

パスワードを設定します。ここで使うパスワードは強力なものを推奨します。

無事にログインができると上記のようなポップアップが出てくるので、無料口座開設をクリックします。

この後は、個人情報や本人確認情報を入力するだけです。

メール入力から5分で、諸々の情報を全て入力することができます。

これらの情報を全て入力すると口座開設のお知らせがGMOより届きます。

因みにこの書留がめっちゃ速くて口座を開設してからわずか2,3日で届きます

あとは口座開設のお知らせに書いてあるとおりに、口座開設コードを入力すると利用が可能になります。

スポンサーリンク

最後に

今回はGMOコインの評判と登録方法に関してでした。

本登録の翌日にもらえる30000sat分のBTCを利用して、試しに25倍のレバレッジでビットコインFXをやってみるっていうのでも面白いかもしれません!

※因みに速攻で30,000sat分のBTCは溶かしました。

 

まだ取引所としては新規の取引所なので、ユーザー獲得のためか様々なキャンペーンもやっています。

そういう意味でも面白い取り組みをしていたり、スプレッド幅を300円にしたりと色々要注目かもしれません。

今後にも期待していきましょう!

GMOコイン

https://coin.z.com/