【ICO】TokenPay(トークンペイ) / TPAY -高度なセキュリティ機能を備えた通貨、金融プラットフォームを構築するプロジェクト-

どーも!

本日はTokenPayというICOに関して紹介したいと思います。

TokenPayは個人的にかなり期待しているICOなので、ブログに纏めていきたいと思います。

ちょっと長めなので、ICOへの参加理由や懸念を読んだあとに概要を読んでも良いかもしれません。

スポンサーリンク

TokenPay / TPAYとは

TokenPayは高度なセキュリティやプライバシー機能を備えたビットコインのブロックチェーンをベースに作られた通貨です。

また、銀行とクローズドエンドのプライベートエクイティを組み合わせたプラットフォームを構築しています。

 

TokenPayのプロジェクトは、伝統的な金融機関は暗号通貨とうまく対応していないことに関して課題を持っています。

ブロックチェーン技術は、暗号化通信の導入を可能にするけれども、多くのホルダーが

対応する経済的価値から恩恵を受けることができない問題が存在しています。

この問題を解決するため、TokenPayのプラットフォームを利用することで、確立された銀行機関の強みと将来の暗号通貨の潜在性を組み合わせるよう設計されています。

 

ココまで書いてイマイチピンと来ていない方もいると思うので簡単にまとめます。

匿名系通貨 x 銀行というプロジェクトです。

 

通貨名称: TokenPay

ティッカー: $TPAY

総発行数: 25,000,000

備考: 高度なセキュリティやプライバシー機能を備えており、年間5%のPoS配当が受けられる

TokenPayとビットコインの主な違いとしては2つあります。

アルゴリズムがPoSであること、セキュリティ機能やプライバシー機能が追加されていることです。

TokenPayのセキュリティ

TokenPayのセキュリティやプライバシーは上記の6つから構成されています。

因みに匿名系通貨というと、Monero、ZCash、Dashがあげられると思いますが

これらの通貨とTokenPayの機能を比較した際のマトリックスが下記になります。

TPAYは匿名通貨3兄弟にもないようなSecure Chatの機能とTor Network Integrationを備えています。

このSecure ChatとTor Network Integrationを備えることによって、究極のプライバシーを提供することができると考えています。

今回は、他の通貨には無い2つの特徴を紹介いたします。

Secure Communication Interface

パスワードの共有のリスクと不便さを軽減するため、TokenPayは実証済みの信頼できるElliptic Curve Diffie-Hellmanの方法を実装。また、ECDH鍵交換としても知られています。

このレベルの暗号化は、政府のセキュリティ機関が最高秘密ファイルや文書を保護するのと同じレベルにあります。

メッセージは既存のTokenPayP2Pネットワークを介して配布され、各暗号化されたメッセージのコピーが各ノードに48時間保存されます。

この期間が過ぎると、メッセージは永久に削除され、いずれの当事者によっても検索されることはありません。

Tor Network Integration

TokenPayプロジェクトは、Torネットワークの完全なクライアント側実装を特長としています。

安全なTPAYネットワークトランザクションを実行する際に絶対的な匿名性を提供するために実装されています。

スポンサーリンク

TokenPayの金融機関プラットフォーム

TokenPayでは独自の重要な銀行要素もあります。

バヌアツにて新しい銀行チャーターを結成し、パートナーになるか、ライセンスバンクを取得する予定で進んでいるようです。

TokenPayは、規制監督と信任状を持つ伝統的な銀行サービスを提供し、

USDに固定されている香港ドルで運営する予定で交渉を進めているようです。

銀行プラットフォーム

TokenPayは、銀行プラットフォームをクライアント向けのクローズドエンドのプライベート交換と統合する予定です。

目的は、銀行システムのバックボーンとなるTPAYを含む、主要な暗号資産に流動性を受け取ることです。

ワンクリックで通貨を切り替えて市場金利を支払うオンラインバンキングプラットフォームがあります。この計画は、トランザクションが社内でクリアできるクリティカル・マスにプラットフォームが到達するまで、各APIを介して流動性を提供するために取引所と統合することです。

デビットカードの発行

ユーザーはデビットカードを申請して発行することができます。

デビットカードの発行は銀行とマスターカードの関連会社との既存の関係を通じて行われる可能性が高いです。料金は典型的な銀行料金になります。

また、国際デビットカードにより、ネットワーク自動化された現金自動預け払い機で複数通貨に即座にアクセスすることができます。

透明な価格設定と低い手数料により、BlueDiamondデビットカードは、ハードな資産購入を可能にするためにデジタルトークンをキャッシュする非常に魅力的な仕組みになっています

スポンサーリンク

TokenPayのICOへ参加する理由

さて、僕がTokenPayのICOへ参加する理由を書いていきます。

銀行プラットフォーム x TokenPay

正直に言います!一番の理由はココだったりします。

匿名系通貨、デビッドカード、銀行プラットフォーム…バヌアツの銀行…

僕が考えていることがわからない方はDMでもメールでもなんでもください!お答えします!w

ADKにそこまで詳しくありませんが、ADKに限りなく近い性質を持っていると感じています。

また発行枚数もADKと一緒、MoneroやZCashより少し多いくらいなので、

上記の性質という面を抜いたとしても上場後は価格がそれなりに見込めるのではと感じてます。

アドバイザーにVERGEがいること

アドバイザーに同じ匿名通貨であるVERGEがいます。

正直、このアドバイザーとしてVERGEがいるっていう後ろ盾がなければ、ICOに参加しようと思うようなことはなかったです。

VERGEといえば、開発もしっかりしているチームという印象が非常に強く、日本でのコミュニティも強いイメージがあります。

スポンサーリンク

TokenPayのICOの懸念点

さて、TokenPayの懸念点に関して書いていきます。

リスクがそれなりに高い

ホワイトペーパーをじっくり読んでいて、コレはテンバガーどころかそれ以上も狙えるかもしれない

と正直思いました。

ただ、リスクもそれなりに存在すると思っています。

その1つが、バヌアツの銀行のライセンスを取得、パートナー契約という部分がかなりキモだと思っているからです。

現在も既に話は進んでいるようですが、ICOで調達した金額の一部を利用して買収やパートナー契約を行うようです。

銀行との提携部分の成功が、このプロジェクトで通貨の価格がドカーンと上がるためのマストな条件かなと思っています。

予定では2018年のQ2となっていますが、はたして。

また、これだけ大規模なことをやろうとしているので、資金だけ調達してドロンって言う可能性も少なからずあるのでは?と思っています。

バヌアツがAEOIに2018年中に加盟予定 (追記)

バヌアツ自体が2018年中にAEOIに加盟を表明しているので、僕が考えていることをやろうとするとは匿名通貨という部分でも黒っぽくなる可能性は高そうです。

簡単に言うと、ADKはバレないけれども、TokenPayはバレる要素は高いのかなと言うことです。

Telegramで聞いた感じ、バヌアツという国はセキュリティがかなりしっかりしているので勝手に情報開示をするようなことはないとのことですが、

そこら辺をよく確かめずにすると痛い目は合いそうです。

 

これは完全なる主観ですが、TokenPayとADKはターゲットの明確な違いがあるのかなと思っていて、

ADKはダークマーケットがターゲット、TokenPayはもう少しマトモな部分がターゲットということかなと考えています。

そういう面で言うと、ADKのような使いみちを考えている方は良くないかなと思っております。

因みにバヌアツに銀行を作る理由としては、APACの中心部分だから、頑丈な銀行のセキュリティ、政府が暗号通貨の取り入れに積極的というところらしいです。

スポンサーリンク

ICOの詳細

TokenPayのICOは12月7日から1月17日の期間で行われます。

TokenPayはEthベースのプロジェクトではないため、ビットコインでの参加のみとなります。

今回のICOで2500万通貨のうちの1425万通貨が販売されます。

また、Pre-Saleなどが無いことから、購入が早ければ早いほどボーナスの額が大きくなります。

ICOは12月7日からですが、ダッシュボードの登録が必要なので、事前にサインアップから登録することをオススメいたします。

スポンサーリンク

最後に

今回は、TokenPayというICOに関しての紹介でした。

個人的にはリスクを取りつつも、かなり期待しているプロジェクトなので、それなりに入れてみようかなとおもっています。

ある種2017年最後の勝負って感じです。

Whitepaperも3回は読み込んだし、Telegramでのやり取りも当たり前にしたし、CEOとも個別で色々質問したのでこれでスキャムなら泣く。

TokenPay
プロジェクト概要
(3.5)
期待値
(4.5)
リスク
(4.5)
保有期間
(3.5)
総合評価
(4.0)

※保有期間の☆が高いほど長期保有銘柄

 

ホワイトペーパーもかなり詳細にかかれているので気になった方はぜひ読んでみてください

TokenPay Twitter

TokenPay Telegram

TokenPay Facebook

それでは!