【レバレッジ最大100倍】BitMEX(ビットメックス)の使い方

先日は、BitMEXの取引所の特徴と登録方法に関して書きました。

【ビットコインFX】BitMEX(ビットメックス)の評判と登録方法

今回は、BitMEXの基本的な使い方に関してを書いていきたいと思います。

この記事でBitMEXの基本的な使い方を覚えてしまえば、すぐにでもビットコインFXをはじめられます。

補足

BitMEXの応用的な使い方に関しては下記記事を参照ください。

【ビットコインFX】BitMEX(ビットメックス)の使い方!応用編

BitMEXへの登録がまだの方は、下記リンクから登録で半年間、取引手数料が割引になります。

先日の記事でも書いていますが、BitMEXは追証もなく、レバレッジも1〜100倍を選択して取引ができます。

今回の記事にて、BitMEXの基本的な使い方を覚えたら500円分のビットコインからでも取引を行うことが可能です。

取引で利用するビットコインはbitbank.ccやcoincheckなどからビットコインを購入し、送金してください。

仮想通貨 XRP争奪戦も開催中の取引所bitbank.ccに関してまとめてみた!

それでは、BitMEXの主な機能と使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

ビットコインの入金/出金方法

取引で利用するビットコインはbitbank.ccやcoincheckなどからビットコインを購入し、BitMEXのウォレットに送金する必要があります。

メニュー 内の アカウント タブをクリックします。

入金をクリックするとBTCのウォレットのアドレスが表示されるので、各取引所からビットコインを送金します。

BitMEXのビットコインのアドレスはSegwitに対応しています。各取引所からビットコインを送金しても5分以内に送金されるので快適です。


また、BitMEXに入れてあるBTCを出金したいときは、出金を押して、アドレスを入力し、

登録してあるメールアドレスに認証メールが届くので、認証をすれば出金ができます。

注意

BitMEXの出金は1日1回のみとなっています。

出金時間は日本時間で22時のみなので、BTCが急ぎで必要という方は気をつけましょう。

スポンサーリンク

BitMEXの主な機能と使い方

ログインページより、ログインをすると初期画面では下記のようなページへと遷移します。

BitMEXで取引やレバレッジの設定を行う際はここの画面で全てを行います。順に説明をしていきます。

①注文する

主にBitMEXで取引を行う際はここで値を入力して、トレードを行っていきます。

取引の種類には複数ありますが、今回は基本的な使い方なので、主に使うものだけをピックアップいたします。

リミット(Limit Order)

リミットオーダーは指値注文となります。

数量(Quantity)は購入したいXBTの価格分を入力。

指値(Limit Price)では購入したいXBTの値段を入力します。

例えば、XBT(ビットコイン)の価格が$3,875のときに$1,500のXBTを購入したい場合は、

数量(Quantity)に1,500 、指値(Limit Price)に3,875を入力をすることで、購入板に0.387枚分の注文が並びます。

ビットコインFXでは空売り注文もできるので、売却を選択すれば、売却板に注文が並びます。

この際、利用可能残高(Available Balance)が現在自分の持っているXBTになります。

レバレッジをかけての取引を行いたい場合は、

注文価格利用可能残高 x 倍率

となっている必要があります。

例えば、現在、0.05XBTを所持していたとして、50倍のレバレッジで取引を行いたい場合は

注文価格(Order Value)が2.5XBTになるように数量(Quantity)指値(Limit Price)を入力してください。

エラーが出て、注文が通らない場合は少し、数量(Quantity)を下げると注文が通ります。

BitMEXではメイカー手数料がマイナスなので、板に並んだ注文が成立した際、手数料を受け取ることができます。

急いで入ることを覗いた場合は、リミット(Limit Order)を利用するほうが手数料がかからずに済むのでオススメです。

成行(Market Order)

注文(Order Place)のタブから成行(Market)を選択すると成行注文になります。

成行注文は、注文板に並んでいる注文からオーダーが成立します。

例えば、下の板の場合で、$10,000分の買い注文を行いたいとします。

成行きで注文を入れた場合は売り板の最も値段が安いオーダーから$10,000分が注文されます。

$10,000分が成約するまで、安い(高い)順に注文が成立していきます。

下の画像の場合は$3922.5の価格 で $9239分、$3922.6の価格で$761分が購入されます。

注意

成行注文(Market Order)は、マイナス手数料ではないので手数料が発生します

手数料が0.075%でエントリークローズの両方を成行注文すると0.15%の手数料が発生します。

レバレッジを掛けていると、レバレッジ分のビットコインに対して手数料がかかるので、

100枚分のビットコインを成行注文を往復ですると手数料でビットコイン0.15枚分がかかってしまいます。

急激な高騰や暴落の際に、指値を急いで入れても間に合わなさそうなとき以外は、成行注文は使用せずに板に並べたほうがお得になります。

このリンクからの登録で半年間手数料が割引になります。

ストップ指値(Stop Limit), ストップ成行(Stop Market)

ストップ指値注文(Stop Limit) 、ストップ成行注文(Stop Market)は条件となるトリガーをもとに注文がされます。

急に値段が上がった場合や暴落した場合でのロスカットを防ぐためによく使われることが多いです。

買い注文の際は、Stop Priceに指定した数値以上の価格になったときに、Limit Priceで指定した価格の注文もしくは成行注文が実行されます。

売り注文の場合は、Stop Priceに指定した数値以下の価格になったときに、Limit Priceで指定した価格の注文もしくは成行注文が実行されます。

因みに、トリガ時に決済のチェックを外すことで、注文でもトリガを使った逆指値注文が可能です。

スポンサーリンク

②保有ポジション(Your Position)

ここのスライダーでは主にポジションを取る際のレバレッジの変更を行うことが出来ます。

何回も書いていますが、BitMEXでは最大100倍のレバレッジを掛けて取引を行うことが出来ます。

例えば、1BTCを持っていた場合で100倍のレバレッジを掛けると、100BTCを利用した取引を行うことが出来ます。

レバレッジはIsorated marginCross marginに分かれています。

Cross Marginの場合の倍率はスライダーを一番左にすることで選択可能です。

Cross Marginのレバレッジは100となり、証拠金維持に全ての残高が使われます。

例えば残高に5BTCがあり、1BTCでCross Marginトレードを行うと、証拠金維持には残高の5BTCすべてが使われます。

1BTC = 100%と考えると、証拠金の5BTCで500%という考えになります。この証拠金が50%を割れるとロスカットされるようになります。

残高すべてを証拠金維持に使うので、ロスカットされた場合は利用可能残高は全てなくなります

Isorated Margin(通常のスライダーで倍率を設定した場合) では、ユーザーがレバレッジを設定することができます。その際、自分で設定した残高のみを証拠金維持に取引を行います。

ロスカットされた場合も、自分が設定した残高のみが引かれます。

上の画像だと、$1350分のXBT、0.3509XBTを$3831.90で売り注文を出している

Marginは27.77x倍(レバレッジは25倍だが、微妙に変化が出る)

売り注文から入っているので、$3962.4になるとロスカットされます。

正確に言うと、$3962.4以下になっても即ロスカットされるわけではありません。

スポンサーリンク

③契約の詳細(Contract Details)

現在のXBTの価格です。

④Menuタブ

取引を行う際は、Menuを選択します。ウォレットなどに遷移したい場合はBalanceを選択します。

⑤取引通貨ペアタブ

取引を行いたい通貨のペアを選択します。デフォルトではXBT/USDとなっています。

イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどのトレードも選択ができますが、取引の出来高は少なめです。

カンファレンスなどのイベント毎のときは、取引量がいつもより増加する傾向があります。

⑥ダッシュボード

チャートや取引板、取引履歴などが設置されています。

大きさや配置などは自分で選択することが可能です。

スポンサーリンク

最後に

BitMEXの基本的な使い方に関してでした。

次回ではBitMEXで使えるより発展的な使い方やビットコインFXを行う上での諸々を書いていきたいと思います。

上記のリンクからBitMEXを登録すると半年間、取引における手数料が割引されます。

【ビットコインFX】BitMEX(ビットメックス)の評判と登録方法

よろしければ、上記の登録方法を見ながら登録してみてください。