【レバレッジ最大100倍】BitMEX(ビットメックス)の使い方

今回は、BitMEXの基本的な使い方に関してを書いていきたいと思います。

先日は、BitMEXの取引所の特徴と登録方法に関して書きました。

【ビットコインFX】BitMEX(ビットメックス)の評判と登録方法

この記事でBitMEXの基本的な使い方を覚えてしまえば、すぐにでもビットコインFXをはじめられます。

BitMEXの登録がまだの方は、下記リンクから登録で半年間、取引手数料が10%割引になります。

前回の記事でも書いていますが、BitMEXは追証もなく、レバレッジも1〜100倍を選択して取引ができます。

そして、誰もが気になる点として、FXといえば、借金…?みたいなことを思う方も多いと思います。

2018年1月の暴落時にbitFlyerのFXでロスカットされて、資産がマイナスになった人のツイートが話題になりました。

BitMEXはbitFlyerと違い、仮にロスカットをされても0カットなので、マイナスになることはありません。

過去に何度もロスカットを喰らっていますし、下記記事にて、ロスカットを喰らって検証済です。

仮想通貨 BitMEXで100倍レバレッジに挑戦!身を焼かれて検証してみた!

今回の記事にて、BitMEXの基本的な使い方を覚えたら少額のビットコインからでも取引を行うことが可能です。

取引で利用するビットコインはbitbankやcoincheckなどからビットコインを購入し、送金してください。

【取引所】bitbank(ビットバンク)の登録方法と評判 -手数料無料でETH(イーサリアム)やXRP(リップル)が買える-

それでは、BitMEXの主な機能と使い方を紹介していきます。

目次

ビットコインの入金/出金方法

取引で利用するビットコインはbitbankやcoincheckなどからビットコインを購入し、BitMEXのウォレットに送金する必要があります。

メニュー 内の アカウント タブをクリックします。

入金をクリックするとBTCのウォレットのアドレスが表示されるので、各取引所からビットコインを送金します。

BitMEXのビットコインのアドレスはSegwitに対応しています。各取引所からビットコインを送金しても5分程度で送金されるので快適です。


また、BitMEXに入れてあるBTCを出金したいときは、出金を押して、出金先のアドレスを入力します。

すると、登録してあるメールアドレスに認証メールが届くので、認証をすれば出金ができます。

注意

BitMEXの出金は1日1回のみとなっています。

出金時間は日本時間で22時のみなので、BTCが急ぎで必要という方は気をつけましょう。

BitMEXの主な機能と使い方

ログインページより、ログインをすると初期画面では下記のようなページへと遷移します。

BitMEXで取引やレバレッジの設定を行う際はここの画面で全てを行います。順に説明をしていきます。

①注文する

主にBitMEXで取引を行う際はここで値を入力して、トレードを行っていきます。

取引の種類には複数ありますが、今回は基本的な使い方なので、主に使うものだけをピックアップいたします。

リミット(Limit Order)

リミットオーダーは指値注文となります。

数量(Quantity)は購入したいXBTの価格分の数値を入力。

指値(Limit Price)では購入したいXBTの価格を入力します。

 

例をあげます。現在価格$3900だったとします。

ビットコインの価格が$3875に下がったときに、$1500分のXBTを購入注文したいとします。

この場合、数量(Quantity)に$1500 、指値(Limit Price)に$3875を入力をすることで、購入板に0.387枚分の注文が並びます。

ビットコインFXでは空売り注文もできるので、売却を選択すれば、売却板に注文が並びます。

この際、利用可能残高(Available Balance)が現在自分の持っているXBTになります。

レバレッジをかけての取引を行いたい場合は、

注文価格利用可能残高 x 倍率

となっている必要があります。

例えば、現在、0.05XBTを所持していたとして、50倍のレバレッジで取引を行いたい場合は

注文価格(Order Value)が2.5XBTになるように数量(Quantity)指値(Limit Price)を入力してください。

エラーが出て、注文が通らない場合は少し、数量(Quantity)を下げると注文が通ります。

BitMEXではメイカー手数料がマイナスなので、板に並んだ注文が成立した際、手数料を受け取ることができます。

急いで入ることを除いて、リミット(Limit Order)を利用するほうが手数料がかからずに済むのでオススメです。

成行(Market Order)

注文(Order Place)のタブから成行(Market)を選択すると成行注文になります。

成行注文は、注文板に並んでいる注文からオーダーが成立します。

例えば、下の板の場合で、$10,000分の買い注文を行いたいとします。

成行きで注文を入れた場合は売り板の最も値段が安いオーダーから$10,000分が注文されます。

$10,000分が成約するまで、安い(高い)順に注文が成立していきます。

下の画像の場合は$3922.5の価格 で $9239分、$3922.6の価格で$761分が購入されます。

注意

成行注文(Market Order)は、マイナス手数料ではないので手数料が発生します

手数料が0.075%でエントリークローズの両方を成行注文すると0.15%の手数料が発生します。

レバレッジを掛けていると、レバレッジ分のビットコインに対して手数料がかかるので、

100枚分のビットコインを成行注文を往復ですると手数料でビットコイン0.15枚分がかかってしまいます。

急激な高騰や暴落の際に、指値を急いで入れても間に合わなさそうなとき以外は、成行注文は使用せずに板に並べたほうがお得になります。

このリンクからの登録で半年間手数料が割引になります。

ストップ指値(Stop Limit), ストップ成行(Stop Market)

ストップ指値注文(Stop Limit) 、ストップ成行注文(Stop Market)は条件となるトリガーをもとに注文がされます。

急に値段が上がった場合や暴落した場合でのロスカットを防ぐためによく使われることが多いです。

買い注文の際は、Stop Priceに指定した数値以上の価格になったときに、Limit Priceで指定した価格の注文もしくは成行注文が実行されます。

売り注文の場合は、Stop Priceに指定した数値以下の価格になったときに、Limit Priceで指定した価格の注文もしくは成行注文が実行されます。

因みに、トリガ時に決済のチェックを外すことで、注文でもトリガを使った逆指値注文が可能です。

②保有ポジション(Your Position)

ここのスライダーでは主にポジションを取る際のレバレッジの変更を行うことが出来ます。

何回も書いていますが、BitMEXでは最大100倍のレバレッジを掛けて取引を行うことが出来ます。

例えば、1BTCを持っていた場合で100倍のレバレッジを掛けると、100BTCを利用した取引を行うことが出来ます。

レバレッジはIsorated marginCross marginに分かれています。

Cross Marginの場合の倍率はスライダーを一番左にすることで選択可能です。

Cross Marginのレバレッジは100となり、証拠金維持に全ての残高が使われます。

例えば残高に5BTCがあり、1BTCでCross Marginトレードを行うと、証拠金維持には残高の5BTCすべてが使われます。

1BTC = 100%と考えると、証拠金の5BTCで500%という考えになります。

残高すべてを証拠金維持に使うので、ロスカットされた場合は利用可能残高は全てなくなります

Isorated Margin(通常のスライダーで倍率を設定した場合) では、ユーザーがレバレッジを設定することができます。その際、自分で設定した残高のみを証拠金維持に取引を行います。

ロスカットされた場合も、自分が設定した残高のみが引かれます。

上の画像だと、$1350分のXBT、0.3509XBTを$3831.90で売り注文を出している

Marginは27.77x倍(レバレッジは25倍だが、微妙に変化が出る)

売り注文から入っているので、Liq.Priceが$3962.4になるとロスカットされます。

正確に言うと、$3962.4以下になっても即ロスカットされるわけではありません。

③契約の詳細(Contract Details)

現在のXBTの価格です。

④Menuタブ

取引を行う際は、Menuを選択します。ウォレットなどに遷移したい場合はBalanceを選択します。

⑤取引通貨ペアタブ

取引を行いたい通貨のペアを選択します。デフォルトではXBT/USDとなっています。

イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどのトレードも選択ができますが、取引の出来高は少なめです。

カンファレンスなどのイベント毎のときは、取引量がいつもより増加する傾向があります。

⑥ダッシュボード

チャートや取引板、取引履歴などが設置されています。

大きさや配置などは自分で選択することが可能です。

BitMEXの応用的な使い方

続いて、BitMEXの応用的な使い方や小技的な部分をご紹介いたします。

基本的な使い方は上記のものを読んでもらえば問題ありませんが、応用的な使い方や注文方法を覚えておくとこちらも便利です。

①特殊な注文方法

基本的な使い方として、上記ではLimit Order、Market Order、Stop Limit、Stop Marketをご紹介しました。

ここでは、残りの取引方法に関してを説明していきます。

トレイリングストップ(Trailing Stop)

トレイリングストップ(Trailing Stop)を設定することでそのときの高値、安値に合わせて、リアルタイムで損切りの注文ラインを自動で修正してくれる注文方法です。

注文方法として、トレイル値(Trail Value)を設定して、ポジションを持ったところから、追随してストップ注文が自動で更新されていきます。

たとえば、数量を$4,100、トレイリング値(Trailing Value)を$100に設定して買い注文を行うと、

$4,100から価格が上昇せずに、$4,000まで下落するとその場で売り注文が成行で出ます。

$4,100が価格が一度上がり、$4,150になると、トレーリング値の価格も更新され、売り注文が発動するのは$4,050のときになります。

 

 

Trailing Stopのメリットとしては、最初にポジションに入った後、ストップの位置がポジションに入った価格よりも高くなれば、その時点での負けはなくなります

因みにマイナスに設定することで買い注文のときに注文を可能、プラスに設定で売り注文でトレーリングストップを設定が可能です。

Take Profit Limit , Take Profit Market

注文を出すと、Trigger Priceに指定してある値に価格が達するとLimit Order , Market Orderが実行されます。

②保有ポジション(Your Position)

レバレッジの変更が細く設定が可能

レバレッジはスライダーを動かすことで変更することが可能ですが、

スライダーの横にある、ペンマークを変更することでより細かくレバレッジの倍率を変更ができます。

例えば、上の画像だと、21倍のレバレッジで取引を行いたいときは21.00と入力することで

21倍のレバレッジになっていることがわかります。

⑥ ダッシュボード

ドラッグアンドドロップで注文の値を変更が可能

下の画像は、$3000.3に買い注文を入れた時の画像です。

これを$3,173.7の注文に変更したいなと思ったとします。普通は一度キャンセルするのですが

この Limit: 3000.3をクリックして、$3173のところまで持っていくと

注文をキャンセルすること無く、注文変更が可能です。

BitMEXを利用するべきメリット

よく聞かれるのですが、BitMEXを利用するべきメリットはどこにあるのかを解説したいと思います。

レバレッジがMAX100倍に設定可能

信用取引で、レバレッジが1倍〜100倍と選択が可能です。

因みに日本だとレバレッジが最も高いのはGMOコインが提供している25倍です。

海外の取引所でもレバレッジ100倍以上の取引所は見たことがありません。

レバレッジが100倍で取引ができるのはBitMEXだけです。

100倍での取引を行うということは、リスクもそれなりにはありますが、リターンもそれ相応にあります。

本当にFXが得意であるという方ならば、クロスマージンを利用したハイレバレッジの取引を行っても良いのではないでしょうか。

アルトコインもFXが可能/信用取引の取扱ペアが多い

取引できる通貨が、ビットコイン以外にもDash、Ethreum、Ethreum Classic、Litecoin、Monero、Ripple、Tezos、Zcash、Bitcoin Cash、ADA、XLM、NEOなどアルトコインのトレードが可能です。

現在、アルトコインの数が減り、ADA,BCH,ETH,XRP,LTCのみになっています。

取引ボリュームが圧倒的に多いのはBTCですが、その他の通貨もレバレッジを掛けて取引を行うことができます。

因みにRippleなんかはカンファレンスの際は取引量が増えたので、RippleのFXを利用していました。

各通貨によってレバレッジの倍率は違いますが20倍〜50倍くらいが選べるようになっています。

勿論、これらのアルトコインもクロスマージンを利用した取引が可能です。

取引画面が軽い

どの取引所も比較的データを読み込むため、動作が重いことが多いですがBitMEXはとにかく動作が軽いです。

国内のFXを利用できる取引所はどこもかなり重いので、BitMEXを利用するともう国内の取引所には戻れなくなるかもしれません。

言い過ぎじゃない?って思うかもしれないですが、本当にこのとおりです!w

取引手数料が安い

取引を行う際の取引手数料が安いです。因みにビットコインFXはXBT/USDのペアとなります。

手数料はメイカーの場合は手数料を払うのではなく、通貨を受け取ることが可能です。

テイカーの場合だと、0.0750%が手数料となり、少し高いですが基本的に指値でトレードを行えば手数料は発生しません。

下記の登録を行うと割引があるので、おすすめです。

追証が存在しない

日本のビットコインFXを行う際は、追証が発生するところも存在します。

BitMEXでは追証がないので、無駄な心配をせずに取引を行うことができます。

本人確認が不必要

国内の取引所と違い、免許証などの本人確認書類の提出は不必要です。

BitMEXで新規登録を行えば、スグに取引を行うことが出来ます。

入出金すべて、ビットコインのみが対応

BitMEXの中では、XBTというあまり馴染みのない通貨のペアがありますが、ビットコインのことになります。

ビットコインを自分のウォレットに入金することで、XBTがDepositされて、少額からでも取引を行うことができます。

因みにXBTという表記を利用しているのは、BitMEXの取引所内で行われている取引が、BitMEXの取引所内でXBTとしてのやり取りが行われているだけで、BTC自体は全く動いていないからです。

つまり、XBTで利益を出した人にだけ本物のBTCを付与すればよいということになります。

セキュリティ体制がかなり万全

BitMEXは、セキュリティー体制がかなり強固であるといえます。

So, that’s the most secured method because the Bitcoin private keys are not connected to the internet. The first thing that BitMEX does, is we’re a derivatives exchange. Our clients don’t expect to have immediate access to their Bitcoin. Our first policy that we enacted is there will be no hot wallet. We only do withdrawals once per day. And all those withdrawals are done manually by a two out of three of the co-founders.

引用 : Wharton FinTech Interview with Arthur Hayes, CEO and Co-Founder of BitMEX

2段階認証も当たり前に対応していますし、インタビューによると、BTCの保管はコールドウォレットで行っているようです。

また、出金が1日1回なので、その時しかウォレットをオンライン化しない。

そして、創業メンバー3人のうち2人が承認して出金が可能になるようです。

日本語にも対応

2017年11月より日本語も対応しました。英語だから使いたくないという人も安心です。

BitMEXのデメリット

ではBitMEXのデメリットはどこでしょうか。

ポジションの両建てが不可能である

リスクヘッジとして取る手法として、買いと売りの注文の両方を持ちたいと思う方もいるかもしれませんがこれができません。

なので、買い注文を入れてから売り注文を行うと、現在のポジションは決済されてしまいます。

これは覚えておかなければいけません。

出金が一日一度である。

BitMEXの出金は1日1回のみで日本時間の22時となっています。

他の取引所と違い、いつでも出勤が可能というわけではないので注意が必要です。

よくある質問

BitMEXの使い方でよくある質問をまとめました。

BitMEXはいつ出金されるんですか?

出金は基本的に1日1回だけになっており、日本時間で言うと22時になります。

それ以外では出金ができないので、BTCがいきなり必要となりそうな注意が必要です。

クロスマージンと普通にレバレッジを掛けるのはどっちが良いんですか?

これは正直、その人のトレードスタイルにもよると思うのですが、僕は完全にクロスマージンのフルレバトレードに移行しました。

コレには理由があって、証拠金維持率の調整が自分でできるからです。

基本的に、FXで負けるひとは殆ど証拠金維持率が100%の状態でスタートしているからだと思っています。

レバレッジを上げれば上げるだけ、ロスカットまで短くなるので、ハイボラの場合は向いていません。

クロスマージントレードを利用することで、証拠金維持率を上げることができるので、そう簡単にロスカットもされないようになるので使ってます。

勿論ロスカットすると口座のBTCは全部なくなってしまいます。

そして、現在のBTC-FXでは相当ボラが凄いので、証拠金維持率も考えないとロスカットになってしまうかもしれません

1BTCをDepositできる方は2000%くらいにして5枚を基準にトレードするとかだと良いのでは無いでしょうか。

手数料高くないですか?何か対策ありますか?

手数料は鬼のように高いです。が、それは成行注文で入った時の場合です。

基本的に指値で入ることができれば、手数料は返ってくるので、なるべく指値で入れるようにしましょう。

最後に

BitMEXの基本的な使い方に関してでした。

是非とも、BitMEXの基本的な使い方を学んでビットコインFXをやってみてください。

因みにロスカットになってからも自分のルールをしっかり守れば10日間で9倍とかも達成できました。

【ビットコインFX】BTC-FXでロスカットから元手9倍達成までの軌跡

上記のリンクからBitMEXを登録すると半年間、取引における手数料が割引されます。

【ビットコインFX】BitMEX(ビットメックス)の評判と登録方法

よろしければ、上記の登録方法を見ながら登録してみてください。