出会いが無いと嘆く世の男性に勧めるただ1つの方法

どーも!アラタです(`・ω・´)ゞ

 

本日二つ目の記事。自由に好き勝手に書こうと思ったので、世の中に溢れている出会いが無いと嘆いている男性にむけて、今回は書いてみます。

因みに元々の行動範囲が広い人や現在学生の人だと新しい出会いに困ることはあまり無いと思いますが、社会人になると人との出会いが減る人が殆どだと思います。

 

デートがしたい!

遊び相手が欲しい!

可愛い彼女がほしい!!!

 

こんな欲望を抱えたまま、社会人生活を送ってる男性、沢山いますよね?

ええ、僕もそうでした(笑)

社会人1年目はそれまでの行動範囲が縮まって、一気に出会いがなくなりました。。。

社会人の夏をエンジョイしたくて、同僚に出会いがない〜とクソみたいな理由で合コンをセットしてもらったことは2,3度ほどあるものの、合コンってパフォーマンスが良くないんだな…と気づくのもそんなに多くの時間は必要がなかったです。

 

自分がピーンと来るかもわからない合コンに行くよりも、可愛い!と思う子と出会う方法があります。

可愛いなと思った子に対してナンパをすればいいのです。

スポンサーリンク

何故、ナンパなのか?

答えは単純明快です。運命の出会いなんて世の中には落ちていないから

自分にもいつか可愛い彼女ができると思って、普通の日々を過ごしても、それは単なる幻想でしか無いです。じゃぁ、可愛い彼女を作りたいと思うならどうしたら良いか?簡単ですよね。

出会う人の数を増やせばいいわけです

因みに、人生で、何らかの接点を持つ人は80年でたったの24,000人らしいです(参考)

単純に計算すると、1年で300人しか出会わない。この1年で接点を持つ300人は女性だけでなく、男性も含まれます。そう考えると仮に4割を女性と考えると1年間で120人、月計算だと10人。そこから、親密になりたいと思う人はいるのでしょうか?親密になりたいと思ってもなれるのでしょうか?

とりあえず、出会う母数さえ増やしてしまえば、あらゆる可能性が出てくると思います。

スポンサーリンク

ナンパをするメリット

ナンパをする最大のメリットは誰でもできることだと思います。自分が、素敵だな!可愛いな!と思う女の子がいたら、その子に声をかけるだけで大丈夫です。

そして、もう1つのメリットとしては金銭的コストがかからないことだと思います。出会いを求めて、合コンに行く、街コンに行く、相席屋に行く、マッチングアプリを使うetc…なんでも良いと思いますが、この恋愛系・出会い市場を見渡すと、男性からお金を取ってやろうという市場になってます。まぁ、それだけニーズが有るということの裏返しでもあると思いますが…。ナンパなら、声をかけるだけで出会いを作れるのでお金はかかりません。コストパフォーマンス is 最強です!!

これは副次的な効果ですが、ナンパで知り合った関係からさらなる人間関係やに広がることも多かったです。簡単な例を上げると、好きなバンドが被ったと思ったら、そのバンドの関係者でライブに招待してもらったりとか、ビジネスに於いて繋がりがあって、後日上司を連れてきてもらい、取引が成立したりとか。

スポンサーリンク

最後に

僕は2013年から約4年ほどナンパをしてました。(今はもう辞めて、最近LINEも全部で600人位消した)

それこそ、社会人になる前の学生時代はバンドもやってたりで、それなりに女の子との出会いがあったけれど、社会人になってからは全くでした。当時、たまたまTwitterで流れてきたナンパに関することを記したブログがバズっていて、記事を読んだときは、『あー自分で行かなきゃいけないんだなあ』と思った記憶があります。

今でこそ、『僕は愛を証明しようと思う。』などが流行っていますが、当時は全くなかったのでトライアンドエラーでした。

 

因みにナンパをしてた約4年は東京だけじゃなくて、大阪、名古屋、北海道、九州、沖縄、仙台とかに旅行に行けば、空いた時間にナンパをしたりもよく有りました。寧ろ、都心に住んでいないほうがチャンスはたくさんあると思ってます。

結局は、暗号通貨も一緒で、飛び込んでみないとわからないことは多かったってことです。(雑なまとめ)

 

今回はナンパに関することを書いてみました。

どうやって声かけるの?とか

俺不細工だよ!?大丈夫なの?

みたいに思った人!!

 

記事に反響があれば、週に1度くらいはこの先の続きや、今後もゲスい記事も書いていこうと思います。

なかったら、この記事もそのうち消すかもしれませんw

 

 

それでは、皆様、プレミアムでゲスなフライデーをお過ごしください!!

アデュー★